もっと人生を楽しみたい!やりたいこと発見コーチング

「やりたい」よりも「できる」を探せ!

Pocket

今日は「いつやるの?今でしょ!」でお馴染みの林修氏の講演に行ってきました。

生林氏は思ってたより体が大きくがっしりしてました!

とくに胸板は自分でも言っていましたがすごく厚かったです。見た感じ(笑)

いや、見た目もさることながら、

おっしゃることもかなり迫力があり、

率直にたくさんの学びを得ることができた大変有意義な講演でした。

そんな講演を聴いて思ったことがあるので書いてみます。

 

 

「やりたい」よりも「できる」を探せ!

 

 

自分と向き合うことはもはや最低条件


林氏も言っておりましたが、

オックスフォード大学オズボーン氏が発表した論文によると、

これから10~20年後には今存在する職業のほぼ半分は無くなってしまうのだそうです。

最近よく聞く人工知能(AI)が人間にとってかわり私たちの仕事をこなすようになるようです。

そう言われてよーく考えてみると、

もうすでに私たちの周りでコンピュータによる自動化されている仕事はたくさんありますよね。

会社の事務仕事の多くはコンピュータで自動的に処理されることが増えてきましたし、

お店での注文もタッチパネルだったり、

ロボットが接客をしているホテルやレストランもあるそうです。

 

林氏が言っていた印象的な言葉に、

「これからの社会は常にイスの足りないイス取りゲームだ」

というのがありました。

これからの業務の自動化でますます私たちのイス(仕事)が減っていくのです。

 

ではこんな時代を生き抜くにはどうしたらよいのでしょうか?

 

自分の「できる」を見つけるしかないです。

 

ここで注意しなくてはいけないのが、

「できる」は人並みでは意味がないということです。

本当の意味での「できる」は人よりも圧倒的に「できる」ことです。

 

そんな自分にとっての「できる」を見つけるために、

「自分と向き合うこと」はもはやこれからを生き抜くための最低条件なのです。

 

 

人並みに「できる」では太刀打ちできない


 

タイトルでも言いましたが、

今からの時代まずは「やりたい」を探している場合では既にないのかもしれません。

「やりたい」を探す前にまずは「できる」を探せ!と林氏も言っていました。

「やりたい」ことがあってもそれは「できる」とは限らない。

しかも人並みに「できる」であっても意味がないのです。

 

例えば英語を話せるようになりたいとします。

これは「やりたい」ですよね。

そこで一生懸命英語を勉強します。

でもなかなか上達しない。

でも話せるようになりたいからたくさん努力してやっとある程度のレベルまで達することができた。

しかし、

そんな「苦労して得たスキル」は

「苦労せずとも得たスキル」には敵わないのです。

要するに、

英語を話せるようになるのに特に努力を必要としない人には、

どう頑張って努力しても敵わないってことなんです。

なぜなら、

そんな努力しなくてもすごい人が努力をしたら、

あっという間に手の届かないレベルに行ってしまうからです。

 

だからまずは自分にとっての人よりも圧倒的に「できる」を探しましょう。

理想は、

いくつかその「できる」を探してその中から「やりたい」を選ぶことです。

「できる」だけでは最初はいいかもしれませんが、

それでは長続きしない可能性があります。

やはり人はこころから「やりたいこと」をやって初めて幸せを感じます。

仕事に幸せを感じられればもうやめることが難しくなりますよね。

 

そんなたくさんの学びを得られた講演会でした。

私もいつの日か全国を講演して回れるように日々精進します!

 

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

 

 

Pocket

コメントを残す