もっと人生を楽しみたい!20代専門やりたいこと発見コーチング

抜群の行動力を身につける方法

Pocket

行動することによってのみ私たちは成長します。

でもその行動することがなかなか難しくて悩んでいる方が多いですよね。

ではどうやったらなんでも行動しやすくなるのでしょうか?

今回はそんな「行動体質」になるとっておきの習慣をお伝えします!

 

 

抜群の行動力を身につける方法

 

 

物事に仮説を立てるクセをつける


「行動力」をつけるためには、

ずばり、

「物事に仮説を立てるクセをつける」ことです!

 

「仮説を立てる」とはどういうことか?

 

皆さん物事を見るとき、

その「見る」にもいろいろな見るがあることを知っていますか?

 

ただ視界に入るものを眺めるのが「見る」

その物事について「何だろう?」とか気づきを持ってみることが「視る」

そしてそれを徹底的に観察することが「観る」

です。

 

例えば友達のケンタに会った時に、

ただケンタに会って、

「よう!」って挨拶する時点では「見る」の状態。

 

ケンタに会ってどこかいつもと雰囲気が違う感じがして、

「何でだろう?」と考えてみるが「視る」の状態。

 

そしてよーくケンタを観察して

髪が短くなっていてさっぱりして爽やかになっていることに気が付くことが「観る」の状態です。

 

徹底的に観て観察してみるといろんなことに気が付きます。

 

「髪を切って爽やかになったおかげで顔の表情がとても明るく見える。」

「いつもは気づかなかったけどケンタの笑顔はとっても素敵で人をいい気持にさせる力を持っている。」

など、

観察して観ることによってその人の新たな魅力に「気づく」ことができるんです。

 

そこで物事をもっと深堀りするために、

自分の中で疑問を持つようにするんです。

 

「そもそもケンタはなぜ髪を切ったのだろう?」

「なにか特別な出来事があったのかな?」

こんな風に疑問を持つ。

 

それはすなわち「もし〇〇だったら」という「仮説を立てる」ことにつながるんです。

「もし俺も髪を切ったらケンタみたいに明るくなれるかな?」

 

そして、行動に移せるようになるんです。

「俺もケンタみたいに明るくなりたい。よしっ髪を切りに行こう!」

 

 

行動力=実験力


物事をよく観察して、

自分なりの仮説を立てる。

そしてそれが正しいのかどうかを実験してみる。

その実験力こそが行動力なんです。

 

まずは何事にもただぼーっと見ているだけではなく、

「これは何だ?」

「どうしてこうなるんだ?」

「何で何で??」

といったようによーく観察して疑問を持つ。

そうすれば自然とその疑問を解消したい気持ちが生まれてきて、

気づいたら行動しているということになるんです。

これが抜群の行動力をつけるとってきおきの方法なんですね!

 

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

Pocket

コメントを残す