もっと人生を楽しみたい!20代専門やりたいこと発見コーチング

人前で堂々と意見を言う方法

Pocket

こんにちは。

【もっと人生を楽しみたい20代専属】

やりたいこと発見コーチの春田です!

 

まず質問です。

 

あなたは人前で堂々と自分の意見を主張することができますか?

 

人前で堂々と意見を言う方法

 

人前コンプレックス


若者にはこんな悩みがあります。

「人前で堂々と自分の意見が言えません」

「人前に立つと緊張してしまい言いたいことが言えなくなってしまいます」

「人の目を見て自分の話をすることができません」

 

私も同じ悩みを持っていました。

特に私は吃音(どもり)なので、

人前で話をすることに異様なコンプレックスを持っていました。

いつも人前に立つと極度の緊張で頭が真っ白になり、

冷静になろうとすればするほどテンパってしまい、

結局自分の言いたいことを伝えられず自己嫌悪に陥ることが多くありました。

 

そんな自分も今では、

人前で話をすることに快感を覚えてしまい、

みずから自分の意見を人前で話をする機会を作るようになるまでになりました。

 

ではどうやって、

人前で話をすることにコンプレックスまで持っていた私が、

人前で話をすることを「特技」とするまでになることができたのか?

そこには、

みなさんが人前で堂々と話ができるようになるきっかけが隠れています。

 

自分にフォーカスを向ける。


人に話をしたり、

意見を言ったりするときは、

どうしても相手の気持ちや反応が気になってしまうものです。

「私の話は分かりやすいだろうか?」

「自分の意見に反対されたらどうしよう・・・」

「上手く伝えられるかなぁ・・・」

と、

聞き手の反応ばかりに気が行ってしまい、

話をする前に「不安」が大きくなってしまう。

 

そして、

その「不安」に押しつぶされてしまい思ったような話ができない。

もしくは、

自分の本当の意見から離れた当たり障りのない内容にすり替えて話してしまう。

 

こうなってしまわない為にも大事なことがあります。

それは、

 

自分にフォーカスを向けること。

 

相手にフォーカスを向ける前に、

自分自身にフォーカスを向けるのです。

 

どういうことかと言うと、

自分の「伝えたい気持ち」を大切にする

ということです。

 

「伝わるから伝える」のではなく、

「伝えるから伝わる」のです。

 

私たちは人の目を気にしすぎます。

気にしすぎるから、

当たり障りのないように、

みんなに納得してもらえるように話をしてしまいます。

 

でも、

聴いている全員に伝えようとすると、

結局誰にも伝わりません。

 

伝えたいたった一人に向けて話をしてください。

それが伝わる話し方です。

 

私も、

人の目を気にしすぎてずっとうまく話をすることができないでいました。

でもあるきっかけで、

人は自分が思っているほど他人のことを見ていない。

いい意味で無関心だということに気が付きました。

 

だったらもっと自分の言いたいことを伝えよう。

伝わるか伝わらないかは別の問題で、

「私は伝えたいことがあるから伝えたいんだ」

と思うようになったのです。

 

人前で自分の意見を主張するということ。

ある意味人が人らしく生きるということなのかもしれません。

 

あなたもぜひ自分の気持ちにフォーカスして、

伝えたいことを伝えられる毎日を過ごしてみてください。

 

【今日のブログコーチング】

あなたにとって「伝える」とはどんな意味を持ちますか?

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

Pocket

コメントを残す