もっと人生を楽しみたい!20代専門やりたいこと発見コーチング

留学先での日本人

Pocket

こんにちは!!

はるです。

今日は留学中に陥りがちな悩み、

「留学先での日本人との関係」

について考えたいと思います。

よく言いますよね、

せっかく英語を学びに留学に来たんだから、

日本語は一切使わず英語オンリーでいなきゃね!!

私もそれが理想だと思います。

海外にいる間は日本語は忘れてしまって、

「英語で考え、英語で生活をする!!」

これができれば留学が終わったとき、

自信もって納得いく留学ができたって胸を張れるでしょう。

がしかし、

現実なかなか難しいですね(;^_^A

日本人の留学生が減少しているとはいっても、

留学先の学校には多かれ少なかれ日本人がいます。

とはいえ、

留学先で日本人と日本語ばかりで話していたら、

英語を話す機会と時間が減ってしまうのは間違いないです。

そこで、

留学中になるべく日本人と関わらずにすむ方法を紹介したいと思います。

まず一つ目が、

「なるべく田舎を留学先にする」

留学と言えば、

大体の人が大都市を選択します。

ニュージーランドでいえばオークランド

都市部の学校には日本人も多いですし、

日本のコミュニティーも存在していて、

日本語を話すことに不便を感じないです。

一方、

ある程度田舎であればあるほど日本人の割合は少なくなりますし、

英語の必然性が上がります。

しかし注意してほしいことが、

田舎であれば英語を使わないとコミュニケーションが取れない為、

日本から来て最初の数か月は極度のホームシックにかかる可能性大です!

まぁ、

それも含めて留学の良い経験になりますけどね!!

そして二つ目が、

「なるべくレベルの高いクラスに入る」

留学先の学校で、

なるべくレベルの高いクラスに入れば日本人は少ないです。

たとえ日本人がいても意識が高い人が集まっているので、

日本語の環境になることは少ないです。

むしろ、

高いレベルにいる日本人とは関わりを持っていたほうが良いですね。

お互い切磋琢磨できる関係に発展できるかもしれません(-^□^-)

最後に3つ目が、

「アジア系以外(欧州・南米系)との交友を多くする」

日本人は、

習慣や言葉の似ているアジア系の人とからむ傾向があります。

韓国人などアジア系の人達とばかり一緒にいて、

気づいたら日本人ばかりの交友関係の中にいたってこともよくあると思います。

ですので、

なるべくなら日本から遠い国の人たちとの交友を意識してみるといいかもしれません。

と、

日本人となるべく絡まない方法を紹介してきましたが、

私個人の経験では、

留学先で多少なら日本人と絡んでもいい(むしろ絡むべき)と思います。

外国という未知の土地で知り合う日本人とは、

運命を感じずにはいられない強い絆が生まれることがあります。

その出会いが留学をより一層いいものにしてくれます。

まさに、

出会いは宝物です。

私も留学中に出会った日本人で人生をかけて交友したい友人ができました。

日本人、外国人関わらず、

留学での人との出会いは大変貴重なものです。

そんな貴重な出会いを、

少しでも多くの人に経験してもらいたいものです(・∀・)

話が逸れてしまいましたが、

せっかく留学するのなら、

なるべく日本語のない環境に身をおくべきです。

しかし、

その日本人を避けることにばかり注目するのではなく、

積極的に英語に触れるために行動をすることが重要だと思います。

 

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

Pocket

コメントを残す