もっと人生を楽しみたい20代専門やりたいこと発見コーチング

非常識が常識になる瞬間

Pocket

本当はやりたいことがあって、

留学にも興味がある。

でも、

なんとなく勇気が出ない。

この年で留学するなんて非常識だしなぁ。

毎日の仕事に追われて気が付いたら今年も終わってた。

 

なんて思ったことないですか?

 

でもなんでみんな同じように社会で働いてるのに、

やりたいことがやれる人とそうでない人がいるのでしょうか???

今回はその辺をクローズアップしてみます。

 

 

非常識が常識になる瞬間

 

 

ピラニアのジレンマ


 

まずは、面白い実験があるのでご紹介します(^^)

ここにピラニアが10匹くらい入ってる大きな水槽があります。

その水槽にエサの小魚を入れます。

すると当然ですがピラニアは元気よく小魚を食べてしまいます。

 

そこで、意地悪な私は、

ピラニアと小魚の間に透明なアクリル板を一枚立ててやります。

 

初めのうちピラニアは、

そこに板などあるとわからずに小魚の方へ向かっていきます。

 

しかし当然ながら、

板があるせいで小魚までたどり着けません。あっはっは

 

そうしているうちに、

ピラニアは諦めたのか小魚の方へ行かなくなってしまいました。

学んだんですね笑。

 

では、

私はかわいそうなピラニアの為に、

小魚とピラニアを隔てていたアクリル板をそっと外してあげました。

ピラニアは勢いよく小魚へ向かうはずです!!

 

ところが、

ピラニアは小魚の方に全く見向きもしません。

もうそこに壁なんてないのに、

壁がないことに気づいていないのです( ゚Д゚)

 

さあ皆さん、

どうすればピラニアは再びエサにありつけることができるようになるでしょう???

 

 

あなたにとっての常識は常識とは限らない


 

ピラニアが再びエサに向かう方法。

それは、

 

 

 

 

単純に

 

 

 

 

「新しいピラニアを一匹入れてやる」

です。

 

新しいピラニアを一匹入れてやれば、

そのピラニアは当然そこに壁があったことなんて知らないので、

一目散にエサの小魚の方へ向かうでしょう。

それを見た他のピラニアたちも、

「え!?そこに壁あるんちゃうの!?」

「なんだ行けるんか!!」

となり、行動ができるようになるんです。

 

人は置かれた環境によって変わる


 

 

これは私たちの日常にそっくりそのまま言えることですよね。

常識だと思い込んでたことが、

誰か一人の行動を目の当りにして、

常識でもなんでもなかったことに気が付く。

ある程度の組織の中にいればその中での常識があなたの常識になってしまう。

 

要するに、

私たちが思っている常識は他の人からしてみれば非常識だってこともあるってことです。

それに気づく一番早い方法があります。

それは先ほどのピラニアの例のように、

 

行動している人に関わる事です。

 

留学へ一歩踏み出したいのならば、

実際に行動している人に出会って刺激をもらうことです。

 

自分を取り巻く状況で人は変わります。

自分ひとりの力ではなかなか変わるのは難しいんです。

と言うことは逆に、

状況や環境、

関わる人を変えればおのずと自分も変わっていくんですね。

 

 

メルマガ始めました!!

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

Pocket

コメントを残す