もっと人生を楽しみたい!20代専門やりたいこと発見コーチング

帰国後の心配をする前に、今やりたいことを考えろ!

Pocket

留学には行きたいけど、帰国後のことが心配。。。

日本で就職活動うまくいくかな?

今の時代再就職は厳しいんだろうな。

とか、

帰国後の不安はやっぱり強いですよね。

未知の外国の地で何を得られるかもわからないのに、

それを経験して日本で自分に何ができるのか?

そりゃ不安になると思います。

そこで今回はそんな不安を消してしまうマインドの持ち方を紹介します!!

 

「帰国後の心配をする前に、今やりたいことを考えろ!」

 

留学する目的をもう一度しっかり考えてみる

 

もしあなたの留学への一歩が踏み出せない理由が、

帰国後の就職が不安というものならば、

もう一度、

留学する目的をはっきりさせる必要があります。

 

 

 

私の例を紹介しますと。

私は大学卒業後にアメリカへ留学したのですが、

その留学の目的が「旅客機のパイロットになる為」でした。

パイロットになることは中学校くらいからの夢で、

大学在学中も学校の勉強とは別でパイロットになる為の勉強をいろいろやってました。

そして大学4年次、

航空大学校や大手航空会社のパイロット養成試験を受けまくりましたが、、、

 

結果、惨敗(+o+)チーン

※航空大学校の筆記試験だけは通りました!笑

 

がしかし、

長年夢見てきたこの夢をここで簡単に諦められるわけでもなく、

他にパイロットになれる方法は何かないかと考えまして、

 

では留学しようと。

 

留学して英語をばっちりにさせて帰国したのち

再び航空会社にアタックしよう!!

 

ということで留学をしました。

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

留学する前に留学をする目的をしっかり持っていれば、

おのずと帰国後にやることが見えるので心配するに及ばない。

 

ということです。

 

目的が次の目的を生む

 

留学する目的がパイロットになる為だった!!

と、とてもカッコいいことを言いましたが、、、

結局旅客機のパイロットにはなれませんでした(;^ω^)ガーン

と、いうよりも、

留学中気持ちが変わりました。

「無理してパイロットにこだわる事なんてないな」と。

もうほんと、

日本の外に出ると、いかに自分が頭でっかちになってたのかがよくわかります。気づきます。

何をやっても、どんな夢見ても、だれも否定なんかしないって。

拒んでたのは自分自身だったって。

だから留学中に日本に帰国する前に、

今度は「日本で一度サラリーマンをやってみる」という目的を立てて

それがそのまま帰国する理由になってました。

確かに帰国後簡単には就職ができませんでしたが、

目的をしっかり見失わないようにしていたので諦めずに前に進めました。

これも、

留学する前にパイロットになるという目的を持っていたことで留学ができて、

そのおかげで日本でサラリーマンになることも叶い、

その結果、私にはサラリーマンは向いていないことが分かり、

やりたいことをやって生きていく人生があることを知り、

そして今歩み始めることができているんです。

 

受動的から主体的へ

 

要するに、

留学前に帰国後の状況が心配なのは、主体的に人生を生きようとしていないから。

なんでも受動的に考えてしまっているからです。

「~したい」とか「~やりたい」という気持ちだけが

未来を切り開きます。

そもそも、

そういった受動的な自分を主体的にすることが、

留学をするべき大きな理由であると信じてます。

 

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

Pocket

コメントを残す