もっと人生を楽しみたい20代専門やりたいこと発見コーチング

「やりたいこと」は思い出すもの。

Pocket

自分にとって「やりたいこと」って何なんだろう?

と考えてみてもなかなかこれだ!ってものを思い浮かべることは難しいですよね。

でもそんな時に考えて見て欲しいことは、

自分にとって「やりたいこと」や「好きなこと」は

小学生の時にすでにやっている!

ということなんです。

 

 

「やりたいこと」は思い出すもの。

 

 

社会のしがらみとか大人の常識など、

自分を縛るものがほとんどない小学生のころは、

本当に気の赴くまま自分のやりたいことにいつものめりこんでいたのではないでしょうか?

 

プラモデル作りにのめりこんでいた

ドッジボールやサッカーばかりして遊んでいた

一日中お絵かきしていたり、

放課後は図書館で本ばかり読んでいた。

などなど、

誰に強制されることなくほとんど無意識でやりたいことに没頭してはいませんでしたか?

 

そんな小学生の頃から、

私たちは一人ひとりはっきりと性格が違っていて、

好き嫌いも違っていました。

それは私たち一人ひとりが持って生まれた個性があるという証拠ですよね。

それこそがその人の特別な才能なんです。

 

ただその頃にのめりこんでいたものを考えてもそれを表面的に判断してはダメです。

ドッジボールやサッカーばかりしていたとしても、

その人が球技の才能があるということに限られるわけではなく、

いつもサッカーをやるために友達を集めてまとめることが得意だったとか。

プラモデルばかり作っていて手先を使う作業がこの上なく好きだとか。

図書館にいて本を読むのが好きだったのではなく、

たくさんの本を仕分けするのが好きで得意だったとか。

 

その頃の自分をしっかりと思い出して、

「自分はどんな子供だったのか?」

をよーく考えてみること。

これがあなたにとっての「やりたいこと」を見つける方法のひとつです。

 

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしている人は、

小学生のころからやっていることを延長してやっている人ばかりです。

その証拠に、

そんな「やりたいこと」を大人になってもやっている人の表情は子供のように無邪気です。

 

大人になり社会人になっていろいろなしがらみの中にいると、

「自分」という人間を表現することは簡単なことではないことに気が付きます。

そしてますます自分自身を見失ってしまいます。

 

ぜひ幼い頃の自分を思い返してみて、

本来の自分を手に入れてください。

自分のことは自分が一番よく知っているはずです。

もっと人生を楽しむために自分と向き合う時間を作りましょう。

 

 

【今日のブログコーチング】

あなたは子供の頃何に夢中になっていましたか?

 

 

 

☆☆☆☆☆☆完全無料!やりたいこと発見メールセミナー☆☆☆☆☆☆

・自分だけの「やりたいこと」の見つけ方
・才能発掘方法
・「不安」や「不満」との上手な付き合い方
・コンプレックスをモチベーションに変える方法
・㊙特別オファーのご案内

などなど、
ブログではお伝えしきれないありったけの内容を公開いたします!

人生を「やりたいこと」で埋め尽くしたい方!
まずは無料メールセミナーをチェック!!

絶賛無料配信中(^^)/

 

Pocket

コメントを残す